渋谷駅で和定食ならここ。ヒカリエ「d47食堂」

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

写真は、渋谷ヒカリエ「d47食堂」でいただいた「大分定食 とり天」です。

渋谷は何かと用事が多く、ヒカリエでちょこちょこご飯を食べます。東横線から直結なので便利です。オアシス青山へ伺う際も渋谷経由。本当によく行くところです。

そんな渋谷ヒカリエの中でも、d47食堂はお気に入りご飯処のひとつ。からだが喜ぶ和定食が食べたくなったらここ!




d47食堂は、47都道府県の「食」がテーマの定食屋さんです。

単に「定食屋」というよりも、「上質な和定食屋」といったほうがしっくりくるお店。食材や器に込められた生産者さんの想いが、ひしひしと伝わってきます。

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

静岡、大分、長崎、山形、島根などなど。日本の東から西へ、想いをはせながら眺めるメニュー。

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

d47食堂でいただくお食事に使用されている食材や食器などは、店頭で購入できるものもあります。

この日は、同じ8階のフロアで静岡展が開催されていたこともあり、サラダ用のドレッシングをお持ち帰り。

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

珍しい食材もあれば、慣れ親しんだ一品も。写真下段に見えるのは、私も愛用している九鬼純正胡麻油です。

うすくち、こいくち、太白純正、金白純正など、いろいろな種類のゴマ油がそろっているんですよね。

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

d47食堂で食事をオーダーすると、先にほうじ茶とお漬物を出していただけます。

お漬物はぬか床で育てられたのかしら、噛むほどに味わいが広がります。シンプルさがかえって素材の風味を引き出していて、おいしいです。

お茶は、頻繁につぎ足してくれます。店員さんの気配りに感謝☆

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

夏の冷奴はやっぱりいいですよね。からだの熱がすっと引いていきます。

お豆腐の上に乗った「クロメ」は、大分県佐賀関でとれる、通称「海の納豆」と呼ばれる海藻です。

もずくやオクラ、納豆など、ねばねば食品大好き!クロメのねばりも濃厚で、さっそくお気に入りリストに仲間入り。

和定食ならここ。渋谷ヒカリエ「d47食堂」

おおいた冠地どり(かんむりじどり)は、大分県認定ブランド地鶏。「とり天」って名物郷土料理なんですね~。

とてつもなくやわらかく、自家製カボスポン酢との相性も抜群で、とてもおいしかったです♪

ご飯もね、粒がツヤツヤで甘みもあって、これまたおいしい。産地を聞こうと思っていたのに忘れちゃった。笑

渋谷のど真ん中で、日本のこだわり産地の和定食を食べたくなったら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

■食べログ → d47食堂

 

耳つぼセラピー施術内容・料金・場所など

→オアシス青山8月日程